一般事業主行動計画

次世代育成支援行動計画

平成27年4月1日

社員が仕事と子育てを両立させることができ、また社員全員が働きやすい環境をつくることによって、すべての社員がその能力を充分に発揮できるようになることの為次のように5ヵ年の行動計画を策定する。

  • 計画期間 平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間
  • 内   容

目標 1
計画期間における育児休業の取得状況を、次の水準以上にする

      • 女性社員の育児休業取得率が90%以上を維持すること(現在90%)
      • 男性社員の育児休業取得者を2名以上だすこと(現在0名)

<対策>

・平成27年4月1日~
  • 育児休暇について周知を図る為、定期的に社内報に関連記事を掲載する
  • 労組の職場集会等でも、育児休暇についての勉強会を実施する

目標 2
半年毎の四連続休暇の取得率を向上させ、取得率70%を達成する(現在19.1%)
<対策>

・平成27年4月1日~
  • 社員の意識を高めていく為計画表を作成し、月次の報告を義務付けする
  • 労使共同で連続休暇の実態把握と阻害要因の分析を実施する
  • 半年毎に結果を検証し、取得率が目標未満の部署について啓蒙する

目標 3
インターンシップやトライアル雇用を経た若年者の雇用を通じ、入社3年以内の離職率を10%以内に抑える(現在33.3%)
<対策>

・平成27年4月1日~
  • 労使共同で職場環境の問題点やコミュニケーションの実態を把握し、改善策を検討する
  • より働き甲斐のある職場づくりを目指し、人事制度の改訂を実施する(評価制度等)